テーマ:言葉

日本語に主語はいらない!という本

この本は最初???でしたが、読んでいくうちに、納得。参考になりました。 金谷武洋さんで、モントリオールでフランス語で、日本語を教えていらっしゃる方。 日本語の文法がへんだ、英語などの文法体系に無理に合わせた、という切り口 **は、頭が、いい という時、格助詞の「は、が」が主語を表す助詞というわけ 彼の考え方では、究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の時制

「英語の動詞には現在しかない」ということを聞いたことがある。 現在形で言うと、強くなってしまうので、現在から離れて、過去時制などで言うと、控えめになる だから、お願いするときなど、would you・・・・や仮定法が使われる。 「不定詞」と言って名使用法、形容詞用法など習った。 不定詞という言葉自体がわかりにくい。in-fi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語のルーツ

英語の語源を学生の時から興味をもって関わってきたので、 逆に日本語が、比較言語学の手法では解明されない混合言語だということが、 日本人の起源と相まって、最近あらゆる研究から少しずつわかってきました。 語順の問題でも、アフリカから10万年近く旅をして、混血しながら、日本列島にたどり着いた我々の祖先は、 周りと上手くやってゆく事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9人制を楽しむ集い 冬大会

2月19日(金)45回目の大会 オリンピック記念青少年スポーツセンター 9:00~17:00 15年間、年3回やりました。 今回の参加18チームは Aブロック(砧、ゆう、Wing,Tanpopo,Ivy,じじばば) B(明日香、メビウス、まいはま、Rainbow,横浜コスモス、千代田) C(田中、SAC,水曜会、仲良し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イーハートーブ#2(15-814)

イーハートーブ#2 《岡崎氏の講演》 今までの都市計画は人口が勝手に増えてる時代の社会システム 2004年から人口は減少 メディアは輸出企業の収益減少をいうが、実は日本の経済は国内需要がメイン 人口が減ることは、国内消費の減少=税収の減少を意味する。 商品はもうネット検索・宅配でもすむ時代で、 郊外型大スーパーだけが駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イーハートーブ15-911

賢治の「いーはーとーぶ」に来た 北上で新幹線をおりローカルな「いわて銀河鉄道」で紫波(しわ)中央駅903到着 バレーボール学会がオガール(ogal)で開かれる。 日本語(おがる:生まれる)とオランダ語gal(出発点、駅)のblending cog.ととして おが、おがくず おぎの(荻野、生野) galはオランダ語からと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠詞10年、前置詞10年、その他10年

「冠詞10年、前置詞10年、その他10年」 英語が十分書けるようになるには、また指導できるようになるにはその位かかると おとうち(恩師)が授業で言ってたことがある。 彼の英作文の授業はとても楽しかった。 課題の日本文を英訳するのだが、数人が板書した。それを彼がすべて添削する。 「単語1個でもいいから書きなさい」「英作文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今 こぶしの花がきれいだ   雨 やさしい夜の雨は こぶしの花に 春待つ木々の梢に 草の根に 染み渡る 街燈の煙る歩道に 人々のかざす雨傘に それぞれの心を奏でながら 雨は降りゆく なつかしい石路塀にも 雨は降り沁みる 叩き付けるような雨足も すすり泣く銀の霧雨も 全てを雫を吸い尽くしなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アランより

ARANより 君よ 僕が死んだら アランの断崖より 僕の亡骸を投げておくれ 打ち寄せる波に砕けて微塵になって 僕は大海原に乗り出す 暁には虹の大輪をくぐり 昼下がり まどろう 波の揺り籠 黄昏て 黄金の大気に酔えば 夜 満点の星に呟く やさしい雨を母とし 吹きすさぶ風を父とし 雲を友に 漂い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の降りると居ります

英語、日本語、ロシア語、ポーランド語に堪能な方が 日本語はとても便利 おりるは 電車を「おりる」、にも、ここにわたしが「おります」にも使える便利な言語だと。 平安期の古い日本語から大変造詣の深い方だ。 私はoriruとoruは違うような気がする oruは aru,,iru,,oruで同語根で「存在」を表すと思う。 母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽装

動物や植物には、擬態、偽装がある。 振り込めサギや作曲家、STAP細胞研究者もお騒がせ カカシも偽装だね 何かを守る為 メデアを限定(見るだけ、聞くだけ)すると偽装しやすくなる。相手を欺きやすくなる。 偽装食品 耐震偽装マンションなどまだ新しい 古くは 絵画の模倣 日本人になりすましの北の爆破事件 偽札 スーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーのトリミングの修正

新たにご自分のブランドを立ち上げたいという若いお二人のファーのトリミングのお手伝いをした。 彼女たちも初めてなので、いろいろトラブルに巻き込まれながら、どうにか作品発表にこぎつけたようだ。 ワンピース風のコートのローウエストにベルト状に毛皮テープをトリミングした。 レイヤードの手法でテープを作り、スナップで取り外し可能にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電車の中刷り広告

鉄道会社の広告宣伝だと思うが、素敵な文面があった。 それを少し詩らしく書き替えてみた。 旗を振る     (東武鉄道広告) 私はホームで旗を振る 安全の確認のサインを送る 小さいから、力いっぱい大きく振る 電車が発車した後、だれもいないホームで寂しくなることもある 故郷の母は私を心配してくれる でも大丈夫 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 スカイツリーに おばあ様の日曜日14-329

やっと暖かくなったので、桜に誘われて押上のスカイツリーに ここは3度目だが、ツリーには登れない。6時間待ち。 ワンちゃんの集まるカフェで大好きなコーヒータイム 街頭芸人に夢中になっていたら、ヤッタ!! 初めてのオモラシ、それも大 オシメとパンパース持ってきてよかった。 おばあ様は夢中になりやすい人だから急にト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンネの日記

この夏アウシュビッツに行く予定を立てている。 アンネに会いたい。 アンネは最後までボロボロの毛皮を着ていたそうだ。 アメリカのバレーボール監督で、日本でもダイエーやパイオニアを指揮したセリンジャーが自伝の中で書いている。それを読んだ時とても辛い気がした。何かアンネに作ってあげたい。 そう、アンネの10年後、20年後・・・・もう9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の授業は英語で

日本の英語教育がやっと当たり前のことをするようになるみたい。 英語の授業はすべて英語で、となるそうだ。 日本語のような4重苦の言語にはうんざりしている。 私は大学を8年。必須の漢文が取れずに留年した。 漢文には、いつも6月位になるとウンザリしてしまい、以後の授業は欠席。単位が取れない。 最後には担任に「どうしても漢文の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再度決勝で対戦

トーナメントでA,Bチームが決勝で再び対戦 A2-B1でAチームが優勝 第1セットBが14点を取ったところで仕事に戻ったので、その後はビデオで観戦 Bは2セット目を取り(24-22 )、3セット目も16-12でリード ここで9点連続得点され、(内Bのミス2がある)21-16で負け 途中から主審の第2ボールのホールデング基準が変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面倒見ている2チームが1位、2位になりました

区の上位リーグ戦でAチームは5全勝、Bチーム4勝1負で1位、2位と好成績をあげました。 Aは、ベンチを全員出して余裕の優勝。Bは下位クラスから上がっての 初めての準優勝。キャプテンは22年目での好成績。がまん強いですね。 優勝のAチーム 準優勝のBチーム 両チームは練習が全く違います。Aは3割位自己をさっと捨てて試合に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあさまの日曜日13ー915

95歳になったおばあ様の敬老の日パーテー 区の老人ホームで家族と会食、スタッフの寸劇、ボラテアの三味線コンサート 恩師が亡くなって37年一緒に生活し、お世話しました。 おばあ様は5年くらいは泣いてばかりいましたが、 区の老人絵画教室に行ってから、急に絵を(アクリル、ガッシュで)描き出しました。 古川珠枝先生のご指導で「あなたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21のパズル

        バレーボール パス    私の希(ねが)い 空の高みに弾きあげ トス     密かな愛のメッセイジ レシーブ  尽きぬボールへの愛着 サーブ   波打つ祈りの奇跡 スパイク  しなやかな一瞬の閃光 ブロック  冴えた予知のあかし フェイント  鮮やかな時の喪失   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more