テーマ:おばあ様の日曜日

戦前の俳句糾弾事件の碑が上田市にできたようです

おばあさま フランス人の俳人、マブソン青眼さんが主宰する、「檻の俳句館」ができ、「俳句弾圧不忘の碑」が建ったそうです。 夢道、三鬼、一石路、不死夫など13人が投獄されたのですね。カヤオは1年8か月と言っておりましたね。 碑設立の賛同者は、金子陶太のほかNHK俳句に講師として出ておられるお二人もお名前が見えました。 お二人を見直し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあさまの命日

亡くなって3年が経ちました。 毎日のように思い出すおばあさま 月見草が咲いたよ、三日月が出たよ 美味しいよ・・・・・ と心の中で語りかけている。 おばあさまがよく出かける時 「さあ、お父様もご一緒に」などと呟いていた。 何か食べる時も「お父様もどうぞ」と 今はとてもおばあさまの気持ちが解かる。 横浜で 植木を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年6月25日

4時前におばあさまが97歳で亡くなられた。 私が21歳の時から68歳まで おばあさまはは50歳から97歳まで 親子のような、兄弟のような付き合いでした。、 この1月2日誕生日に肺炎で入院2週間 その後5月12日母の日に再度肺炎、敗血漿で4週間入院 一日ごとに回復されるおばあ様をみるのは嬉しくて楽しみでした。 最後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあさまの日曜日15-211

ぐっと食事量が減り、流動食のみ 栄養ミルクとプリンゼリーと果物すりつぶし 少しでも食べさせようと、おはぎ、パウンドケーキ お弁当を持ってい行き一緒に食べる。 魚を2口、ご飯を少し2口食べる位 寂しいけど、笑顔を見せてくれるからうれしい メロンが好きで4分の1を食べ、あとはよく話しかけてくれる方におすそ分け 週3~4回お昼に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日15-201

(ご自分の世界を持っている藤山さんはすてきです。とある) 新年を迎えておばあ様は97歳になった。 誕生日を迎えた直後から体調を悪くして、大森日赤に入院。 すっかり食事をしなくなり、流動食も難しい。 静脈注射で生き延びる。 全くしゃべれなくなったが、日ごとに一言一言が増えた  おいしい  最後までいて  あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのお散歩

おばあ様は先月急激に体力が落ちた。今は補助をしても立つことが不可能になってしまった。 脚も全く細くなって、スケートの渡辺恵美さん並のりっぱな脚が枯れ枝のようになってしまった。 言葉数も3分の1位。おしゃべりの好きな、品のいいおしゃべりのできる方だから、 仕事先や友人から電話が入るとおばあ様と少し話して、とおしゃべりさせる。 少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川さんの個展

銀座の渋谷画廊で西川さん(旧姓本田憲子)が油絵の個展を開かれた。 ニチボー貝塚が1960年モスクワの世界選手権で初めて優勝した時のメンバーのお一人 その後初代魔女引退後、ニチボーのライトレギュラーで、夏のサマーリーグでヤシカに敗れるまで、連勝記録を258にまで伸ばしました。 美しいモデルのような方。 ヨーロッパの風景画のほか、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花冷え おばあ様の日曜日14-404

私は春夏期間は土日が休みになるので土曜日にホームに伺うようにしている。 雨の場合は日曜日に おばあ様は今日は、喉につまり、うまく食事ができないようだ。唾液をうまく呑み込めず、テッシュに唾液を取る。 昔も、70歳代から、年2回位あった。1日程で改善する。 おしゃべりをさせたり、発声練習、唄などが効果があるそうだ。 一緒に歌う唄は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 スカイツリーに おばあ様の日曜日14-329

やっと暖かくなったので、桜に誘われて押上のスカイツリーに ここは3度目だが、ツリーには登れない。6時間待ち。 ワンちゃんの集まるカフェで大好きなコーヒータイム 街頭芸人に夢中になっていたら、ヤッタ!! 初めてのオモラシ、それも大 オシメとパンパース持ってきてよかった。 おばあ様は夢中になりやすい人だから急にト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日14-302

雨だったので外出はできず、写真を見せたり、体を拭いてあげたりして時間を過ごしていた。 私はコーラスの練習があるので、そろそろ帰ろうかなと思っていたら、 「今日で終わりなんです、心に残っていたので、ご挨拶に来ました」とアルバイトの方が見えられた。 最初にお会いした時から、私もこの人ならおばあ様を大事にしていただけるな・・・なんて勝手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の誕生日96歳

羽田空港に連れて行った。 ハワイアンレストランがお気に入りで、コーヒーを飲み、飛行機の発着を眺めて、昔話しをして ショッピング。皆に親切にしていただき、上機嫌でホームに戻る。 ホームが近くなると、もう一回コーヒー飲みたいと言い出す。 カゼもひかず元気に96歳を迎えてくれた。 私が毛皮の仕事を初めて、最初に作ってあげたフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日13-1222

おばあ様も私もカゼで2週間ぶりのデイト もう2週間もするとおばあ様は96歳の誕生日 初めておばあ様に会ったのは、先生の家で、夕飯をご馳走になりました。 「おとうさま」とか「パパ」と呼ぶので、最初、私は2号さんか、出戻りの長女さんかな?と思いました。 なにしろ、先生にはよく尽くされて、完璧の奥様をめざしている一方、先生にたっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日13-1013

電通はす向かいのビルに、おばあ様の喫茶店がありました。 銀座に行ったついでになつかしいお店の前で コーヒーの好きなおばあさま(ちょっと若い時92歳) 私の恩師と15年、その後彼が79歳で亡くなってから37年一緒に過ごしたおばあ様と、一昨年の東日本大震災後、会社も閉鎖して、おばあ様を区の施設に預けざるを得なくなりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日13-1005

今日は羽田空港への予定が、途中聞こえて来た音楽に誘われて 近くの「ふれあいセンター」に 路上の花をつんでベレーに刺して、さっそく糸杉を見つけてパチリ 迷い込んだのは障害者の訓練センターで、地域交流のイベント中 焼きそば、たこやき、手芸品の出店 ダンス、コーラス、吹奏楽の催し物 バーゲンセールも(おばあ様はこれが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあ様の日曜日13-924

おばあ様の絵には糸杉とイーブルアイが必ず出てくる。 [眠り」  パンが居眠りして夢を見ています。 糸杉の好きなおばあ様はいつも糸杉の前で写真を撮る。 イタリアやギリシャには多く自生している。 まっすぐと伸び、成長が速い。 実は巨峰くらいの大きさで割るとたくさんの種が出てくる。 直植えすれば芽がでる。 イーブルア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おばあさまの日曜日13ー915

95歳になったおばあ様の敬老の日パーテー 区の老人ホームで家族と会食、スタッフの寸劇、ボラテアの三味線コンサート 恩師が亡くなって37年一緒に生活し、お世話しました。 おばあ様は5年くらいは泣いてばかりいましたが、 区の老人絵画教室に行ってから、急に絵を(アクリル、ガッシュで)描き出しました。 古川珠枝先生のご指導で「あなたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more