英語の時制

「英語の動詞には現在しかない」ということを聞いたことがある。
現在形で言うと、強くなってしまうので、現在から離れて、過去時制などで言うと、控えめになる
だから、お願いするときなど、would you・・・・や仮定法が使われる。

「不定詞」と言って名使用法、形容詞用法など習った。
不定詞という言葉自体がわかりにくい。in-finit-iveそのものの方が理解しやすい。
「まだ終わっていない」という意味だから、「まだ行為が行われていない」ということ。
助動詞のあとは原型不定詞が使われるのが納得できる。
You must study hard.(まだ勉強してない人に言ううわけだ)

私は、命令形というのは、原型不定詞だと思う。youが省略された、という言い方がされるが、
Be silent(静かにして!)など、もしyouが省略されたのなら Are silent となるもの。

文法用語が日本語(主に漢字)に訳されて、その漢字の語感に引きずられて、
返って意味がわかりにくいものもある。
動名詞(gerand)など、seeing it is difficult(それをみることは難しい)の場合、名詞が目的語を取る?ということになってしまう。
助動詞など「気持ち詞」などと説明した方がわかり易いのでは?

willなど「未来の助動詞」と言うけど、実際は現在形、だから現在に引き寄せたい気持ちなのかな。
haveで導かれる完了形も、過去を現在に引き寄せておきたいという気持ちなのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック