冠詞10年、前置詞10年、その他10年

画像


「冠詞10年、前置詞10年、その他10年」
英語が十分書けるようになるには、また指導できるようになるにはその位かかると
おとうち(恩師)が授業で言ってたことがある。
彼の英作文の授業はとても楽しかった。
課題の日本文を英訳するのだが、数人が板書した。それを彼がすべて添削する。
「単語1個でもいいから書きなさい」「英作文は自己表現だから」「人の書いたものを見ているのなら、それは英文解釈だよ」というようなことを言って、学生に書くことを促した。

彼が最後に書いた参考書『難問題の系統とその説き方 英作文』教育社1977年
を取り出して、英語の勉強をまた試みた。
いたるところに彼がにじみ出ている。
前置詞の項で
(p.30)
英語の前置詞は、格変化、語尾変化、格支配その他の代用として発達してきたので、その働きが非常に複雑になっている。
というような表記が、大学受験の参考書であるのに書いてある。
言語学が好きなものにとっては、とても素敵な示唆だ。
この一文で、さらに前置詞の発達経路を知りたくなる。
同時に日本語などウラル・アルタイ語系が後置詞を発達させてきたことも知りたくなる。
「英語は一生の勉強だ」
「外国語を知ることは、逆に日本語を知ることになる」と言ってた。

おとうちが亡くなって、その後30年おばあ様のお世話をするようになったけど、
私は幸せだった。
私に言語の楽しみ方を教えてくれてありがとう。
「亜蘭」という名前を付けてくれてありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック