2015年6月25日

4時前におばあさまが97歳で亡くなられた。

私が21歳の時から68歳まで
おばあさまはは50歳から97歳まで
親子のような、兄弟のような付き合いでした。、

この1月2日誕生日に肺炎で入院2週間
その後5月12日母の日に再度肺炎、敗血漿で4週間入院
一日ごとに回復されるおばあ様をみるのは嬉しくて楽しみでした。
最後は食事ができず老衰
苦しまず、穏やかな顔に、おばあさまらしい理知的な面影
大森日赤の方々、大森特養の皆様にやさしくお世話していただきありがとうございました。

おばあさまはお一人だったので、昭和大学に献体されており
午後8時にホームを後にしました。
白い布にくるまり、ストレッチャーに乗せられるだけのお別れでした。
あまりにかわいそうなので、愛用していた大きなショールを掛けた。
中華街に連れて行った時、気に入って求めたものだ。
さようなら
仏様になったんだ。

おばあ様に優しく接してくださった全てのて方々に感謝いたします。

私の好きなおばあ様
86歳パリへ
(以下俳句はおばあ様自作、俳号:藤山直子 ふじやまなおこ)
画像

縞なす夕映え パリ華やかに 吾を迎う

朝早く起きてモンサンミッシェルへ  (ホテルのバスタオルを体中に巻き付けて)
画像

モンサンミッシェル 野花満溢れ 生きてあり
モンサンミッシェル 君偲び行く 霧に濡れ


絵のお友達と
画像

パリの街さまよう  (車いすの後ろにもお土産袋いっぱいにして、)
画像

今日の生命いとしみ 朱夏のパリさ迷う
吾いまだ 若き血のあり パリの朱夏


おばあさまの絵のテーマによく使われたパンと  (オルセー美術館)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック